教室

幼児から小学生向けのレゴスクール!月謝料金や費用は?プログラミングを学ぶメリットとは

スクラッチやロボットプログラミングが学べる「レゴスクール 」
レゴスクールは幼児から小学生まで通えるプログラミング教室です。

今回はそんな幼児から小学生向けのレゴスクールの月謝料金、特徴、学ぶメリット、コースについて紹介したいと思います。

こんな方におすすめ
  • レゴスクールの月謝料金が知りたい。
  • 特徴と学ぶメリットを知りたい。
  • コースはどんなのがあるのか知りたい。

レゴスクールの月謝料金、費用はいくらかかる?

クラス 月謝料金 教材費
3、4歳クラス 9,500円 16,600円~26,600円
5歳クラス 12,500円 15,000円~22,400円
小学1年生~小学3年生クラス 12,500円 19,000円~23,200円
小学3年生~小学5年生クラス(2年間) 14,200円 14,000円(前半)
58,400円(後半)

※全て税抜の金額です。

その他にかかる費用として…

  • テキスト代 5,000円/1年
  • 入学金 10,000円~20,000円(地域による)
  • 指導関連費 1000円/1ヶ月
はる
はる
レゴスクール では、進級する度にブロックの購入が必要になります。

幼児から通えるレゴスクールの特徴は?

●子どもの発達段階に合わせた年齢別カリキュラム

こども達の成長と発達を考えた上で、日々の生活体験が要素。
レゴスクールではその点をおいて、日本のこども達の年齢に合わせて学年別のクラス編成にしています。

●レゴ認定のインストラクターが指導

レゴ社の定める研修を受けた方がインストラクター
こども達の発達と学習について理解を深めると同時にレゴブロックの特性、特徴について実際に学習する研修を受けます。研修を受けなければインストラクターとしての認定はもらえません。

●少人数制のレッスン

こども達一人ひとりの自由な発想を大切にするため少人数制レッスン。
そしてこども達に自分自身で考える力を導いていきます。インストラクターはオープンエンド式でこども達と接し、フロー状態に導くように取り組んでいます。

のぶ
のぶ
オープンエンド式って何?
はる
はる
オープンエンド式っていうのは、答えが1つではないってことだよ。

●世界の教育機関で導入されているレゴ®教材を使用

レゴスクールで使用している教材は、こども達が自然に学習を探究できるように育児、教育の専門家の方々と連携をしながら開発。
欧米、アジアをはじめとした世界の教育機関で広く教材として取り入れられています。

●学習を引き出す空間を作っている

学習のための環境として心地の良い空間が必要不可欠
こども達が一歩足を踏み入れた瞬間に「今日は何するんだろう?」と、たくさんの期待を持ちレッスンに集中することができます。
デンマークのレゴ社本社にて開発したデザイン、装飾によって学習が楽しくなるような空間を作っています。

●自信を育んでいく

世界は急速に変化してAIなど様々な技術が発達。
仕事の80%が科学、テクノロジー、数学、プログラミング等のSTEAMスキルが求められています。
レゴスクールではハンズオンの体験型学習から、これらのスキルを築いていくことが最も効果的な方法だと考えています。遊びを通してハンズオンから得た経験が自信となり、新たな挑戦を始められます。

のぶ
のぶ
確かに世界は急速に変化しているよね。そういえばハンズオンって何?
はる
はる
そうだよね。ハンズオンとは体験学習って意味だよ。

●答えは1つではないオープンエンド方式

創造的な問題解決力を養うためには、一人ひとりのアイデアを尊重して共有する学習の場所が必要。
レゴスクールでは子どもの数だけ答えがあり、様々な道筋を子ども達自身で見つけることを促していきます。
社会に出て未知の課題に直面した時に自信を持ち、創造力を発揮し取り組むことができます。

●レゴ社独自の教育システム4Cで子ども達の潜在能力を引き出す

レゴ®教材やカリキュラムを開発に深く携わった故シーモア・パパート氏の提唱するCostructionism理論より
「本当の知識は実体験から得られている。手を使って何かを 作る事は自分の考えを組み立てる事につながり他の誰かに言われたどんな事よりも深くしみこむ」と述べています。

のぶ
のぶ
4Cって何?
はる
はる
「結びつける」「組み立てる」「さらに続ける」「よく考える」の頭文字をとって4C。

●‶フロー状態“で子ども達は「考える事の楽しさ」を体験

こども達は「もっと知りたい」「もっとやりたい」という気持ちで何かに取り組んでいる時は驚くほど長時間集中。
この‶フロー状態”にこども達を導くため、インストラクターは「少し難しいけど頑張れば出来そう」という適切な課題を投げかけ、こども達の自発的な学習の環境を作っていきます。

レゴスクールでプログラミングを学ぶメリットは?

●意欲的な探究心

自分で課題を発見して、その課題の解決方法を自分で見つけてさらなる挑戦の意欲、知識への欲求、未知への探究心を高めていきます。

●創造的な思考力

自分で考える習慣を身につける事で、自由に発想、柔軟かつ論理的、創造的な解決方法を生み出す事ができるようになります。

●コミュニケーション力

相手の気持ちを理解し思いやる気持ち、協調性、自分の考えわかりやすくまとめて伝える表現力を養っていきます。

●やり遂げる集中力

やればできると知る事で、失敗にもくじけない気持ち、集中力が身につき達成感と自信が持てるようになります。

のぶ
のぶ
失敗にもくじけない気持ちを持てるようになるってこれからの将来大切だよね。
はる
はる
そうね。失敗でくじけている大人もいるから今のうちにくじけない気持ちを持つことは大切だと私も思うの。

幼児から小学生向けのレゴスクールで学ぶプログラミングコースとは?

幼児

3歳(年少)Explorer(エクスプロラー)
4歳(年中)Creator(クリエイター)
5歳(年長)Inventor(インベンダー)

小学生

小学1年生 Innovator(イノベーター)
小学1,2年生 The code Creator(コードクリエイター)
小学2,3年生 World of Science(ワールド・サイエンス)
小学2,3年生以上 WeDo Scratch Academy (WeDoスクラッチアカデミー)
小学2,3年生以上 World of Coding(ワールド・コーディング)
小学3,4年生以上 World of Robotics(ワールド・ロボティクス)

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は幼児から小学生向けのレゴスクールの月謝料金、特徴、学ぶメリット、コースについて紹介しました。

月謝と教材費は他のプログラミング教室よりも少し高めですが、年少から小学5年生までとコースが豊富で、色々な学習をこなすことで伸ばしたい力が自然とついていきますね。

レゴ社が認定したインストラクターが少人数制のクラスで、こども達一人ひとりの自由な発想を大切にしています。また、世界の教育機関で使用されているレゴ®教材を使いながら指導していきます。

こども達は「今日は何するんだろう?」というたくさんの期待をもちながらレッスンに集中できるっていいですよね。

今のうちから自分はやればできる」ということを知り、失敗を恐れない気持ちが身について、達成感自信が持てると将来困らずに済みますね。

 

気になる方は今すぐクリック

レゴ®スクール
体験レッスンに参加する

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。